20代前半の振り返り その1

自分の立ち位置を振り返ってみた

サッカーの縁すら無い地域に
大きなグラウンドができる

「よっしゃサッカーゴールを買うてもらおう」



いきなり当時小俣町の教育委員会に行ってみた

倉野さんが見えて、真摯に話を聞いてくださった

「ゴール買うよ、これやろ?」とカタログを見せてくださった。

「いやこれは少年用のゴールです」

「えっ、もっと大きなゴールがあるの?一度カタログあったら見せてぇな」

当然次の機会にカタログを持って行った

アルミ製の大人用ゴール

高いから買わないだろうな

と思ったら、買ってくださった

倉野さん 今考えるとすごい人やった、俺みたいな馬の骨の話を真剣に聞いてくださった

そこから、小俣社会人チームの活動が本格的になった

結局浮気症の僕のせいで、チームはJはおろか、県リーグに行くこともなかった
(自分は個人で伊勢FCで県リーグに復帰したわけだが)

思い出すと、恥ずかしい、愚かな足跡しか残してない

当時の自分は「反省」という言葉を知らなかったようだ
[PR]
by yusuhara | 2016-02-16 12:48 | 思いつくまま | Comments(0)