2016シーズンに向けて

さて、久々の更新であります。

1995年に当団前身の小俣ジュニアのコーチを仰せつかり
(コーチなんてもんじゃなかったですけど)

2001年に津へ転居したあたりから活動を控えだし
2009年くらいからぼちぼち復帰してました

よく考えると22年いたというのも 眉唾くさい・・・・(^_^;)

大北会長→村澤顧問→○○さん→イッチィ

と歴代部長のもとで頑張ってきた(つもり)の私
次年度からは副部長から指導員と責任を少し軽くしてもらうことになります。

とは言っても
いきなり全て移譲するつもりはありません
一気に仕事を押し付けられた方は困るだけです。
引き継ぎについては
この少年団が誰でもやっていけるような、そんな前例を作るべくでやっていきます。

スタッフという存在は
保護者を含む地域の大人が子供達を育てていく中で
その団体の運営の役割を責任を持ってやっていく人だと思っています。

特別な存在というわけでは無いと僕は個人的に思います。
もしご興味があれば、スタッフの中に飛び込んできて欲しいと思ってます。

我が団がこれまでの様々な経験(諍いも有りました)の中で生まれた理念
これを大切にしてくれる方であるなら、誰がやっていってもいいと思います。

■ 小俣町スポーツ少年団サッカー部理念
「サッカーを楽しみ、社会の中で感謝し、自ら考えて行動できる選手の育成」

■ 小俣町スポーツ少年団サッカー部指導指針
「サッカーを楽しませ、大好きにさせる!!」
1. フェアプレー(暴力、暴言の徹底排除)
2. リスペクト(地域やサッカーに関わる全てに感謝し、大切にすることを行動に移し、伝える)
3. 指導力(日々、指導力の向上に努力する)

さて私事
昨年は体調を崩し、赤ちゃん以来の入院も経験しました。
オッさんの若作りにも限界がございます(笑)
チームを引っ張る中心からは一歩下がり、その後もどんどん下がっていこうと思っています。

現在45歳、遅くとも50歳までには幸せな引退したいと思っています。

やっぱり若いコーチがいるチームのほうが生き生きしてますもんね(爆)
[PR]
by yusuhara | 2016-03-29 17:04 | サッカー(少年団) | Comments(0)