方向性

ここ数年我がサッカー部の所属部員は120名を超える盛況ぶり
商売だったらこれはありがたい話かと思います。

現在 127名 2016年度

内訳は
1年・・・・15名
2年・・・・26名
3年・・・・20名
4年・・・・28名
5年・・・・21名
6年・・・・17名
実は2名(1年と3年)増える予定

これだけいると選手自身の気持ちや向き合い方も色々
低学年ですと練習中 いなくなっちゃう選手もおります

うちは伊勢市から補助を受けている少年団ですから、
受け入れを拒んだりしてはいけないと思っていますし、
退部者の再入部も受けれております。
去る者追わず(すごく寂しいんだけどね)

普及という点では、日本サッカー協会に対し、及第点だと思います。

あとは育成(サッカーの技術)の部分かと思います。
育成の結果として、公式戦の結果はここ数年振るいません
ま、試合ですから負けることは致し方ないと思います。
そんなことより「サッカー嫌い」させては意味がありません。

選手は一所懸命ですし、保護者の方の応サポートも一生懸命です
スタッフも温度差や若干の方向性の違いはあれ、一生懸命にやっております

最近思うのですが、うちのスタッフはマジメな人が多い
頭でっかちに「指導者」ってな感じより子供たちには
田舎のサッカー好きなおっちゃん、お兄ちゃんというスタンスで子供たちと遊ぶほうが
響くんじゃないかねって思ったりします。

楽しく上手になるために
またサッカーなんて好きじゃないって子をいかにサッカー好きにさせるか
永遠の課題であります。



[PR]
by yusuhara | 2016-09-23 10:42 | サッカー(少年団) | Comments(0)