カテゴリ:サッカー(少年団)( 88 )

小俣招待

日時:2010年2月20日
場所:大仏山スポーツセンター

すいません、うちの少年団用の記事です。
僕があまり参加していなかった反省と、
優勝なんて、ここのところ記憶がないので自分ところヨイショで書かせて貰っています
m(_ _)m

そしてお詫びを
急な日程にも関わらず参加して頂いたチームの皆さんありがとうございました。

そして空気読めずにすいません
m(_ _)m


a0039065_9255084.jpg
小俣B対城田戦より
a0039065_9255939.jpg
ハーフタイムの風景


a0039065_9262842.jpg
【決勝】小俣C(6年)対修道スポーツ少年団、前半0-2とリードされる、⑤も必死で前線へフィードしようとするも修道の中盤のチェックに苦しむ
a0039065_9264024.jpg
ハーフタイム、ホームでの苦戦に悔しがる選手達を落ち着かせ、指示を与える渡辺達也監督代行、その後「大川コーチの為にも勝とう!」と選手を鼓舞する
a0039065_9265694.jpg
後半動きが良くなった小俣の選手、豚汁を作ってくれたお母さん達の為にも!(多分)
写真はアップをせずに撮影していた杉田カメラマンヾ(・・;)ォィォィ

ここから写真がありません(見過ぎてた)

【1点返す】
まず相手陣内左サイドで⑨がボールを奪い、チェックをかわして中央⑩へパス、右サイドへ流したところをドリブル突破したFW⑬がシュート、ファーサイドへ決めて1点を返す(ちょっと記憶が曖昧)

その後小俣も果敢に攻め⑨と⑩のホットラインからのパス交換から⑮が抜け出しフリーでシュート
グラウンダーで運んだボールは左ポストを直撃 (ノ゚ο゚)ノ 惜しい

その後も攻め続けるものの修道の固い守りを崩せず、膠着状態が続いていた
後半の10分前後、左コーナーキックを得る。

【同点ゴール】
⑤の放ったキックは鋭く弧を描きゴールへ 何度もスーパーセーブを見せた修道GKも
鋭く反応するが、ゴールに吸い込まれる。

「同点だ!」と歓喜の輪ができる

ホームでモチベーションのあがる小俣

他の大会に分散して参加していることもあって、急造チームの修道はレギュラークラスにさすがに疲れがでていたようです(修道⑪は相当頑張っていました。)

【決勝ゴール(見てねえぇ)】
そして良い流れのまま、決勝ゴールが生まれる。
カメラの確認をしていて、顔を上げたらゴールに入ってました(ノ∀`)アチャー

また教えてくださいm(_ _)m

a0039065_9271458.jpg
終了のホイッスルが鳴り歓喜の選手達
a0039065_9272236.jpg
あまりにウマすぎる展開に号泣する渡辺監督(演技させました、でも本当はウルウルきてたかも)、その後、選手達に「胴上げしてあげたら」と僕が言ったら、胴上げは「無理!」という選手達の即答で無くなりましたΨ(`∀´)Ψケケケ
a0039065_927364.jpg
本部は閉会式の準備
a0039065_9274488.jpg
片づけを終え、保護者の皆様にご挨拶 市村副部長が心を込めて挨拶していました
a0039065_9275563.jpg
本部等段取りをし、審判もしてくれた野崎隆太部長、お疲れさまです~
a0039065_928161.jpg
渡辺監督代行、市村副部長と小俣Bの仲間達
a0039065_9291051.jpg
日頃から、諸事細部に渡りフォロー(どころじゃないですね)して頂いている大迫コーチ、審判姿も素敵です(^o^)
(勢和FC対宮川キッカーズ戦より)
a0039065_9292076.jpg
いつも迫力ある写真を撮ってくださる安田さん。私写真を撮る人を撮る趣味がありますので(^^;)
a0039065_9292917.jpg
今回参加してくれていた玉城JFCの原ニイ(原田さん)ほんまにイイ人です。この人たちの友達もイイ人が多いです。 

とまあ、
ローカルな大会、しかも自分の団の招待試合・・・・・・・・・
個人的には勝手に盛り上がり、それでとても楽しませて貰いました。

試合全般を見ていて感じたのは

修道少年団
伝統ってあるんだなあと感じさせられるチームです。
むっちゃ最強時の伊勢FCに似てます(ワシ一応一応末席ですがOBなんで)
I島さんに語って貰わないと(笑)


勢和FC
強さと早さ、そして男子と遜色がない女子
勢和FC⑪良かったですね(^o^)
⑦のレフティーも丁寧なプレーが印象に残っています。

宮川キッカーズ
あまり時間をとって見ていないのですが、優勝した小俣Cと
当たっていたら小俣Cは勝てなかったかも。
良い指導者の方々がいるんだなあと感じました。

玉城JFC
ここも伝統的にチームワークの良い、早くて上手いチームです。
指導者もイイ人揃い、これからも宜しくお願いしますm(_ _)m

城田FC
熱血漢N西さんの見ているチームは素直な子が多いですね。
まとまればきっと強くなるチームだと思います。

それにしてもどの試合も、どこかの代表戦よりも価値のある試合だったです。
と言ったら3/3トヨタスタジアムに行く達也さんに怒られちゃうな(;´∀`)

参加してくださったチームの選手、スタッフ、保護者の皆様ありがとうございました。
来年度も宜しくお願いいたします。

後片づけ、グランド整備までお手伝い頂き、心より感謝しておりますm(_ _)m

また素晴らしい写真を当団の保護者安田さんから頂けると思いますので、ホームページで披露させて頂ければなと思っております。
[PR]
by yusuhara | 2010-02-22 09:29 | サッカー(少年団) | Comments(2)

創設時代のメンバー

先日、少年団創設時のスタッフ山本さんのところに久々にお邪魔しました。

現在の状況や、創設当時の話を色々懐かしくしてきました。

また落ち着いたら遊びに来てくれるとのことです(^o^)

初代団長の大北さんも昨年の夏にきてくれていたそうですね。

そのうち同窓会??でも開けるでしょうか(^-^)

下地さん、倉野さん、お元気かな~
[PR]
by yusuhara | 2009-06-15 13:00 | サッカー(少年団) | Comments(0)

JA共済杯の写真

大迫さんからJA共済杯の写真を頂いています

近日中に公開したいと思っています~
[PR]
by yusuhara | 2009-06-01 09:38 | サッカー(少年団) | Comments(0)

復調しつつ

ぼちぼちと復活、色々片づけています。
本日は協会の仕事、少年団の仕事を少しやりました。

最近サッカー少年団の練習にコーチとして顔を出したりしているうちに少し調子が戻ってきました。
やはり、たまには現場でサッカー活動をしないと駄目ですね

基本的に『サッカー馬鹿』なので、ボールを触ると元気になるのかな?
連日、マスコミの垂れ流す不景気不安情報でかなり気が滅入っていたのですが、
『お気楽脳』が回復してきたみたいです。

5月23日の午後練習では1年生と練習したのですが
個人的に思ったよりリフティングが錆び付いてなく、結構蹴れたりして自己満足に浸りました。
それにしても今年の1年生は上手いなあ・・・・・と感じましたねえ

a0039065_034219.jpg
午前練習に飽きたらず午後からも頑張る5年生と、奥で猛練習する2年生と4年生

練習後、残っていた2年生と4年生と遊んでました。
久々にとことん遊んだ気がしました(^ー^)

5年生は渡したリフティングボールで遊んでましたね。

何かと時間を使っていたら帰宅が遅くなり、家に帰ったら嫁さんに怒られちゃいました。


※少年団とのリンクがきれてました、間違って削除してたみたいです(^^;
[PR]
by yusuhara | 2009-05-28 00:08 | サッカー(少年団) | Comments(0)

3月28日 コーチ会議

3月28日 コーチ会議

■議題
・来期の役員について
・来期の行事について
・その他
a0039065_20445223.jpg
部長交代です
来期部長の野崎氏から創部以来団に貢献してくれていた部長の村澤氏に花束贈呈

a0039065_2046499.jpg
ほんまにおつかれさまでした "小俣魂"は引き継がれていきます
a0039065_20493033.jpg
市村コーチも熱く固い握手を交わしました。
a0039065_20472147.jpg
風呂上がりでさっぱりの村澤氏でした
「来期1年かけて引継していきますので、消えたりはしません。」と本人からのコメントです。
[PR]
by yusuhara | 2009-03-28 20:47 | サッカー(少年団) | Comments(0)

3/20卒団式

小俣ジュニアの卒団式

管理人は「忍びの里レディーストーナメント」運営で伊賀に行かなくてはならなかったので
途中で御無礼しちゃいました(;´∀`)スイマセン

まだHPは更新していませんが予告ってことで

a0039065_17553987.jpg
ゲームが終わって卒団式
a0039065_1756693.jpg
何やらいいものが
a0039065_17561478.jpg
熊野神社のお守りですね

卒団したみんな、また遊びに来てね(^o^)

ムッシュお疲れ様でした。
[PR]
by yusuhara | 2009-03-27 17:56 | サッカー(少年団) | Comments(0)

フェスティバル

明日は、いやもう今日か

小俣スポ少サッカー部のフェスティバルだ
雨は小康状態だし、やれるかな

議事録作成をしていたら、もうこんな時間か(^。^;)フウ

もう寝ます。

午後からはOB戦だし
夜には伊賀へ入り、21日、22日と運営
終わったら総会と忙しいですなあ(・・;)

おっとブログ書いていて忘れ物を思い出した
とてもラッキー
さあ寝ますわ~
[PR]
by yusuhara | 2009-03-20 01:59 | サッカー(少年団) | Comments(0)

Oriコーチから借りたDVD
さすがにGKのチョイス!、サイフにも優しいとのこと(^-^)

サッカーベストシーン スーパーセーブ[DVD]

コスミック出版



ヤシン(ソ連)は古すぎるやろ・・・・
Euro84のフランスのアランジレスシュートシーン 懐かしかったなあ

ゼップマイヤー(1974年W杯西ドイツ大会 ドイツ代表GK)
のセービングとかスゴイですよね

実はこのマイヤーを日韓W杯 ドイツカメルーン戦で見ました。
マイヤーさんはドイツ代表GKコーチでいらしてました。

ペナルティエリアより若干中にはいったところから凄まじいシュートをカーンに浴びせてました。
でもカーンも取る取る 「ウォー凄ぇー」 と感動・・・

でもたまにゴールにはいると観客から歓声があがってましたねえ(^^;

そういや生カーンも見たことになるんだな(;´∀`)


私も小俣FC(社会人チーム)時代、T村君がいないときによくGKやりました。
自分自身飛べない「遮断機」と思っていました
ただ運が良く、そう凹むような試合はありませんでした。

思い出は
雨の中、小俣FCが伊勢リーグで初勝利をしたときの試合でGK
(相手はとても強かったんですが 運が良く無失点)

伊勢FCが2部昇格を決める地域リーグ最終戦
相手がそうそうに退場1人出して、無失点(なんもしてません)

サッカーマガジンカップ(社会人)準優勝したときの予選リーグ
味方が押しまくり、無失点(なんもしてません)

おなじく準優勝した翌年のサッカーマガジンカップ(社会人)雨の中 
水たまりを泳ぐようにして無失点(なんもしてません)

よく考えると運と雨とチームメートに恵まれてただけなんですね。

GKを目指す人はOriコーチにDVDを借りるか、自分で買って下さい。
モチベーションを上げるのに最適なものとなるでしょう(^-^)
[PR]
by yusuhara | 2009-03-06 11:21 | サッカー(少年団) | Comments(2)

めざせベストサポーター

保護者の皆様へ

(財)日本サッカー協会の刊行物に「めざせベストサポーター」というものがあります。

サッカーをする子供達とどのように接していけばいいか、など書かれております。

こんなブログでも読んで下さっている保護者の方、入団される、継続される、卒団されるに関わらず、ご一読頂いて、ご参考にして頂ければと思います。


下記に刊行当初の(財)日本サッカー協会会長と技術委員長の言葉を載せておきます。

日本サッカーの将来のために 
(財)日本サッカー協会 キャプテン 川淵三郎(現名誉会長)


2005年元日、私たち日本サッカー協会は「DREAM~夢があるから強くなる~」をスローガンに、「JFA2005年宣言」を発表いたしました。『サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する』という理念を具現化するために、2015年には、サッカーファミリー500万人、世界でトップ10のチームになる、そして2050年までには日本でのワールドカップの開催と優勝、という明確な目標を設定しました。そしてそれは、単なる日本サッカー協会の目標としてではなく、日本全国のみなさんと双方向で交わされた約束という形で宣言いたしました。
この約束の実現に向けて大きな担い手となるのが、子どもたちです。そして、子どもたちがサッカーを通じて、大きな夢を抱ける環境を用意することが私たち大人の使命です。
私たち日本サッカー協会は、世界のトップ10の組織となるための重点施策として、2002年のワールドカップ後にキャプテンズ・ミッションを策定し、その中で日本サッカーの“財産”である子どもたちに対して「JFAキッズプログラム」を展開し、全国各地でさまざまな活動を行っております。

特にこの年代の子どもたちがサッカーをするにあたっては、さまざまなケアが必要となりますが、その中でも、みなさんの子どもたちに対する接し方は、最も重要な要素です。このハンドブックは、日本サッカー協会の考え方を、サッカーをしている、あるいは、これからしようとしている子どもたちの保護者のみなさんにぜひご理解いただきたいと思い、制作いたしました。みなさんの実際の生活の場に生かしていただけること、また、多くの子どもたちが笑顔でスポーツをし、健康で平和な世界となることに貢献できることを強く願っております。

世界トップ10をめざして
(財)日本サッカー協会 技術委員長 田嶋幸三(現専務理事)


日本サッカー協会では「世界トップ10をめざして」現在さまざまな取り組みを行っています。世界のトップ10をという意味は、ワールドカップで優勝したいという意志の表示です。それに向けて多くのアクションをスタートさせています。しかし、代表チームだけがワールドカップで勝てばいいとは思っていません。日本中で多くの子どもたちがボールと一緒に集い、楽しみ、生活を豊かにしていくことが重要であり、それが世界のトップ10につながる道と考えています。その目標に向けてキッズプログラム等さまざまなプロジェクトを展開しています。

指導者達にはライセンス制度を通して教育していくことが可能です。選手にはトレセン活動や指導者を通して伝えていくことが可能です。しかし、保護者のみなさんや応援をしてくださる家族の方々に我々の意志を伝える手段がありませんでした。そこでこの冊子をつくることとなりました。どんなに指導者に伝えても、どんなに子どもたちに指導しても、みなさんの一言で、みなさんの価値観で、大きく方向が変わる場合が出てきます。ぜひ子どもたちが笑顔でサッカーができるよう、みなさんと協力していければと思っています。

めざせベストサポーター

保護者の方も悩みが多いと思います。
決して無理強いしようとしたり、お仕着せしようとするものではありません。
こういった文書を参考してもらうことで解決できることもあるのではないかと思います。
[PR]
by yusuhara | 2009-03-04 10:10 | サッカー(少年団) | Comments(0)

昨日午前に書いた記事なんですが

誤解を招いたところがありました。

もちろん、他意はございません。

しかし配慮に欠けると言われればそうです。

言葉は一人歩きするものということを理解せねばなりませんでした。

ブログというものは一方的になるという反省と自戒を込めて

謹んでこれからも、ほのぼのと続けますm(_ _)m

本当に、ごめんなさいm(_ _)m


ついでにムッシュ部長の話をしておきましょう。

彼とは中学校2年からのつきあいですから えーと

何年だ・・・・

38(まだ37)-14=24 Σ(゚д゚)エッ!?

計算合ってますか?

そーいや初めての出会いは中2の時

小俣中学第2グランド(現在の小俣図書館)で友人Nとボールを蹴っていると

自転車に乗ったパーマをかけた高校生(天パやったのか??)の

お兄さんがやってきて

ムッシュ:「おまえらサッカーしとるんか」

私達:「そうです(野球には見えないだろうが・・・・(○`ε´○))」

ムッシュ:「一緒に蹴ろうぜ」

私達:「はあ・・・・( ´⊇`) 」

と言った経緯があったかどうかは定かではないですが

一緒に延々とインサイドキックでパスを繰り返しました。

「お前は立ち足が甘い」とかボロクソでした

そんな会話とその後延々とサッカーの話をしていました。

そんな彼が鞄からごそごそと取り出したもの

ムッシュ:「越後和夫(当時四日市中央工で現JEF千葉のコーチ)の教科書やぞ」

私達:「何が凄いんですか?」

ムッシュ:「おまえら越後君知らんのか?」

私達:「はあ・・・」

ムッシュ:「インターハイで優勝した四中工のキャプテンやぞ(声が大きくなる)」

私達:「オー(空気を読んで)」

まるで無知の私達に熱く語ってくれました。

そうそう彼の当時の口癖

「赤いソックスは不良が履くんやぞ」

フランス代表は、日産自動車(現:横浜Fマリノス)は?

うちの団の練習ソックスは?? 

うちの子達に不良はいませんよ

学生服に赤いソックスという意味からきているようでした

( ̄ー ̄)ニヤリッ
[PR]
by yusuhara | 2009-03-03 00:35 | サッカー(少年団) | Comments(0)